お知らせ

バースデーパーティー全体の流れ

お誕生日パーティー開催前

お子さんが主役のキッズパーティは、ママパパが縁の下の力持ちとなって準備をしてあげつつ、事前の準備から子供にも参加してもらうと記憶に残るパーティになります。招待したいお友達をお子様本人から確認し、お友達の親御様に参加可能かを確認します。子供に確認すると情報の食い違いが起こる恐れがありますので、必ず親同士で参加の可否や子供のアレルギーについてのやり取りを行ってください。

招待状の作成、場所や食事、デザートの選定と予約は親や主導で行いつつ、子供にも参加してもらいましょう。自分が選んだものがあるだけで子供の満足感が違います。自分たちでデコレーションやテーブルコーディネートする場合も同様です。

当日は子供と一緒にゲストを出迎えたら、あとはegmtのスタッフが進行を担当します。今まで準備してきたパーティを満喫しつつ、付き添いで来た親と一緒に子供たちの様子を見守ってあげてください。

 

お誕生日パーティー終了

パーティが終わったあとはゲストが帰る前に、簡単なお土産を渡しつつお見送りしましょう。全員が帰宅したら忘れ物などはないかを確認し、後片付けします。レンタルスペースを借りた場合は制限時間内に片付けまで終わらせる必要がありますので、装飾も片付けがしやすいよう意識しておくと楽になります。ゲストのお友達にはその日の夜に感謝の気持ちと簡単な挨拶も添えておくと良いでしょう。

パーティ中はできるだけ写真をたくさん撮り、後日プリントアウトして渡してあげればゲストにも思い出の1ページになります。プリントアウトしたパーティの写真を使ってお礼のカードを出すのもおすすめです。
(Lineグループで、アルバムにしてもOK)

初めてキッズパーティをするときは、すべてがスムーズに思い通りに行かないのが当たり前です。次回はこうしたらいいかもしれないという反省点、今回のこれは良かったという点をメモにして取っておくと次回またパーティをするときにとても役に立ちます。初めてのキッズパーティーならegmtにご依頼頂けると、全てのキッズパーティー参加者が笑顔で溢れる1日をお届けします。

お誕生日会の事前準備:キッズパーティー

キッズパーティーのパーティー準備

 

 

キッズパーティ開催前

招待するお友達や日時を決めたら、電話やメールを使ってお母さんに伝えましょう。お子さんだけだと間違った内容が伝わってしまう恐れがあります。参加OKの連絡をもらったら、あらためて招待状を手作りしてみてはいかがでしょうか。相手側の予定もありますので、予定日の2~3週間前には招待人数を確定させ、招待状を出すのが理想です。かわいいメッセージカードは安価でたくさんの種類が売られています。買ったものをそのまま使うのも良いですが、自分たちでシールを張ってオリジナル感を出してみませんか。お子さん自身が作ると「自分たちでパーティを作っている」という実感が出るのでおすすめです。パーティーのテーマを決めて、それに合ったドレスコードで着てもらえるように書き添えてみても楽しいかもしれません。

食事やケーキなど、あらかじめ準備が必要なものは自分で作るか、ケータリングを利用するかはegmtのプランナーと予算を話し合いながら決めます。自分たちで用意する場合、パーティの2週間前までには食事やケーキ等は目星をつけておき、招待人数が確定次第、予約の電話をしておきましょう。

 

飾りつけ

飾りつけも自分で行うなら、どのような飾りにしたいかイメージを描き、必要なものを準備します。早めに取り掛かっておけば少しずつ購入して作っても間に合いますし、焦って買いすぎてしまうこともありません。egmtでも装飾サービスを提供していますので、お気軽にご相談ください。

男の子と女の子

男の子だけでキッズパーティをする場合は、新幹線や車、ヒーローものやスポーツ、ゲーム、アニメといった、男の子が好きなものをテーマにしてあげると子供のテンションもアップします。

男女混合でパーティをする場合も、すべて女の子仕様のキラキラした飾りつけにするのではなく、一部に男の子にも楽しいアクセントを取り入れてあげると喜んでくれます。egmtにご相談いただければパーティの内容や招待する子に合った飾りつけを提案いたします。

プレゼントやお土産

子供が集まると、悪意なく内容や金額に優劣をつける子がいるかもしれないため、できればパーティ会場にプレゼントを出すのは避けたほうが、余計なトラブルを回避できます。子供にも言い聞かせた上で招待状にあらかじめ「プレゼントはご辞退申し上げますので手ぶらでお越しください」といった内容を一言書き添えておきましょう。もしプレゼントを渡したいと言ってくれる子がいる場合は、別の場を設けたほうが無難です。

ハロウィンや子供の日、クリスマスでキッズパーティをする場合は、予算を決めてプレゼントを持ってきてもらい、ビンゴゲームの景品にしたり、みんなでプレゼント交換をするのがオススメです。予算は500円~1000円程度が多いです。

お土産は「パーティに来てくれてありがとう」という気持ちを表すものなのでぜひ準備したいところです。とはいえ高額なものはもらったほうも困ってしまいますので、数百円程度のお菓子などを購入し、かわいくラッピングして帰りに渡してあげましょう。

大切な事前確認

食事やケーキを準備する際に「アレルギーを持つ子がいないか」を必ず確認します。招待状を出すときや事前に電話やメールで日程を確認する際にアレルギーがないか、ある場合はアレルギーの内容を親に確認してください。子供も認識していない場合がありますので、親へ確認するのが確実です。

もし食事やデザートに該当するものがある場合は、できればそれを避けてあげたいところですが、もし無理そうな場合は同程度の代用品を準備する、もしくは持参してもらうようお願いしましょう。最近はアレルギーに配慮したデザートや食事がたくさんありますので、ケータリングに依頼する場合も必ずアレルギーのことを伝えてください。

はじめての子どもの誕生日会

お誕生日会を開く前に
キッズパーティを開催する方の特徴を、特にegmtでご依頼が多いお誕生日会を例にご紹介します。

 

キッズパーティープランページからメニューをご紹介しております。

 

お子さんの年齢層

お誕生日会の主役となるお子さんの年齢は2歳~12歳くらいまでが多いです。とはいえ2歳~3歳くらいのお子さんの場合、食べられるものもまだ少なく、飾りつけやキッズパーティの内容は親の希望を伺いながらプランを考えることになります。

幼稚園年中~年長さんくらいの4歳~6歳頃からは子供本人の意志を反映したキッズパーティにすることができます。小学生になるとお子さんが希望を伝えるなど、プラン内容の決定に積極的に関わることができます。 ただ中学生以降になると、自分の誕生日を友達同士で祝う子が多くなるので、キッズパーティーの依頼数はかなり減ります。

 

キッズパーティーの人数

キッズパーティーは一人だけが主役である必要はありません。自分の子供のために開催するのも良いですが、お友達同士で合同で行うのもおすすめです。合同で行うことで、子供達はegmtのパフォーマーと楽しみながら、忙しいお母さん方もゆっくり会話する時間を作れます。

お誕生日会の場合は主役が1人なので10人以下の少人数でパーティをする方が多いです。少人数だと全員が楽しみやすいので、仲の良い数人だけを招く少人数でのキッズパーティーがオススメです。

子どもの誕生日会のパーティープランニング

キッズパーティーの目的

egmtへのキッズパーティの依頼で最も多いのは誕生日パーティーです。

  • 子供の誕生日をいつもより特別な形でお祝いしたい
  • 友達も呼んで一緒にお祝いしたい

といった目的でご依頼いただいております。

季節の行事

  •   桃の節句
  •   子供の日
  •   イースター
  •   ハロウィン
  •   クリスマス

お子様の成長を実感できる行事

  • 入園・入学
  • 卒園・卒業

親子で交流を深めるパーティーイベント

  • ママ友達同士で企画

 

 

 

 

キッズパーティは「こういう時にやる」と決まった定義は一切ありません。

唯一お伝えするとすれば子供が楽しめるパーティであることくらいです。

もちろんお父さんもお母さんも一緒に楽しめるものであればいうことありませんね。

キッズパーティーの遊び

キッズパーティは食事やお菓子を楽しむだけでなく、みんなで一緒に遊ぶのも大切な要素の1つです。最近は友達と一緒に居るのにそれぞれゲームやスマートフォンの画面を見て無言で遊ぶ子供たちも増えました。

でもegmtのキッズパーティでは、みんなで顔を合わせて遊べるものを提案します。クイズ大会やお絵かきクイズ、伝言ゲームなど親世代にとっては懐かしいような遊びも、子供にとっては新鮮に感じるものもあります。子供たちの遊びを考える時間がない忙しい親に代わって、子供が喜ぶ様々なパフォーマンスを披露してくれるパフォーマーや、キッズパーティのプロであるパーティプランナーが遊びの提案をいたします。

 

ピエロやマジシャン等の大道芸人によるパフォーマンス

egmtのパフォーマーは、大きく分けると下記の4種類になります。
(旧サイトで4種類のパフォーマーをご紹介)

多くの経験と実績を積んできたパフォーマーばかりです。ピエロは初めてパーティーをご利用される方には大人気なパフォーマンス!また、どのお子様からも好評なのが、バルーンを作って配る、バルーンアーティストです。風船から様々な動物や物を作り出す光景に子どもたちは釘付けになります。

egmtのキッズパーティー

キッズパーティは、名前の通り子供のためのパーティです。海外では子供の1歳の誕生日を盛大に祝う「1st Birthday」だけでなく、毎年の誕生日、クリスマス、ハロウィンなど、子供のために親が盛大なパーティを催すのが定番です。招待状を作り、飾りつけを行い、豪華な食事やプレゼントの準備など、本格的なパーティさながらのキッズパーティが開催されています。子供が喜ぶ顔が見たくて一生懸命になるのはどこの国でも変わりないようです。

近年日本でもそんな海外のキッズパーティが大人気。egmtでも誕生日や季節のイベントに仲の良い友達を招いてキッズパーティをする方が増えています。egmtのインスタグラムにもたくさんのキッズパーティの様子が分かる写真を載せていますので、ぜひご覧ください。

 

 

キッズパーティーの様子をInstagramで配信

キッズパーティー・キッズイベントのオススメ

キッズパーティープラン紹介

egmtで行っているキッズパーティープランをご紹介します。お子さんの年齢や性別、人数に応じて内容を提案しますので安心です。一部のプランでは人数制限や年齢制限がある場合があります。

旧サイト:レンタルプラン

ゲームレンタル

パーティーが盛り上がること間違いなしなゲームやBGMがセットでレンタルできるプランです。遊び方も同封されていますのでキッズパーティー初心者の方にもおすすめです。

 

着ぐるみレンタル

複数の動物の着ぐるみの中からお好きなものをレンタルできます。着ぐるみをゲストに呼んで、パーティー会場を遊園地のように盛り上げてみませんか。中に入るスタッフの手配も承ります。

 

パーティーゲームプラン

お子さんが楽しめる数種類のゲームと景品がセットになったプランです。スタッフが一緒にゲームの説明や進行をしてくれるので、親もお子さんと一緒に楽しむことができます。

 

思い出の1ページフォトキットプラン

パーティーに呼んだゲストと一緒に写真を撮り、パーティーの思い出としてプレゼントできるプランです。その場で撮った写真に子供たち自身がデコレーションして大切な思い出を作り上げます。

 

ヘアネイルプラン

お子さんが大好きな色を使ってネイルやメイク、ヘアセットをします。憧れのお姫様や王子様に大変身!ドレスのレンタルも承ります。

 

 

バルーンパフォーマープラン

バルーンパフォーマーがたくさんのバルーンを使って様々な作品を子供たちと一緒に楽しみながら作り上げていきます。キッズパーティーを盛り上げるメインイベントとしてご利用ください。

 

ピエロ(クラウン)プラン

パーティーの非日常感を演出するのにぴったりな華やかなメイクと衣装を身にまとったピエロが楽しい音楽に合わせてお子さんの気分を盛り上げてくれます。ピエロと一緒に踊ったり遊んだりしましょう。

 

マジシャンプラン

子供目線で楽しめるマジックをショーで見ることができます。お子さんの周りで流行っているものやお子さんが好きなものに絡めたマジックも可能なので、より楽しめること間違いなし。

 

外国人マジシャンプラン

コメディマジックを得意とする外国人パフォーマーによるマジック&トークショーです。お子さんたちとコミュニケーションを取りながらのパフォーマンスなので、あまり英語が得意じゃないというお子さんでもいつの間にか夢中になってしまいます。

キッズパーティープランナーを利用するメリット

キッズパーティープランナーを利用する

子供の一生の思い出に残るパーティー

キッズパーティープランナーを利用することでどのようなメリットがあるのかというと、やはり一番は「キッズパーティーのプロだからこそできる内容のパーティーになる」ということです。
パーティープランナーが持つオリジナリティあふれるパーティー企画やその特別性を実感でき、お子さんの一生の記憶に残るようなパーティーを作りだすことができるのがプランナーを利用する一番のメリットといえます。

親も楽しめるパーティー

プランナーが企画、準備をしたパーティーなら親も子供と一緒にゲスト気分を味わうことができるのも大きな魅力です。童心に帰って一緒にパーティーを楽しみ、パフォーマンスに驚き、おいしい料理を味わってください。いつもがんばっている親にとっても特別なご褒美となるでしょう。

親の負担を減らし、一緒に楽しめる

親が準備するパーティーは、前日までの準備、当日の準備、パーティー後の後片付けまですべて自分でやらなければいけません。そのため、前日までは忙しい合間を縫って買い物や装飾作成をしなければならず、当日は進行と各種手配と片付けで、パーティーを充分に楽しむこともなかなかできませんし、終わったあとはぐったりと疲れてしまうことでしょう。

パーティープランナーを利用すれば、事前準備から当日の様々な手配、後片付けまですべてお任せすることができます。そのため親も子供と一緒になってパーティーを楽しみ、子供と親両方の記憶に残る楽しいパーティーとなるでしょう。

「パーティーの内容をすべてプランナーに任せたい」という方も、「自分でできるところはやって、難しい部分だけをお手伝いしてほしい」という方も、「こういうイメージでやりたいけど具体的にどうすればいいのか教えてほしい」という方も、お子さんのための特別なパーティーにするために、どうぞキッズパーティーのプロであるプランナーをお役立てください。

 

egmtのキッズパーティー実績
2013年7月「子供たちの笑顔がみたい」をコンセプトに「キッズパーティーegmt」をオープンさせました。お誕生日会やクリスマス会といったものから、地域のお祭りや小規模イベントでのプランアドバイスやお手伝いなどを精力的に行っております。子供が喜ぶイベントのことならなんでもご相談ください。全力でお手伝いさせていただきます。

子どもメインのパーティー

  • 誕生日パーティー
  • 季節のイベント各種(桃の節句、イースター、こどもの日、ハロウィン、クリスマス)
  • 入園、入学祝い
  • 卒園、卒業祝い
  • 謝恩会
  • ママ友パーティー
  • 屋外でのパーティー
  • BBQパーティー
    など

その他イベント、プランアドバイス

  • 地域のお祭り
  • 子供会
  • 地域の子供向けイベント
  • 乳幼児を持つ母親向けイベント
  • 企業のファミリーデー(社員家族を招いて行う)イベント
  • バルーン教室
  • アクティビティ教室
    など

 

キッズパーティープランナーのお仕事紹介

『キッズパーティープランナー』

キッズパーティープランナーは、その名の通りキッズパーティーをプランニングするのが仕事です。海外ではキッズパーティーは非常にポピュラーであり、ハリウッドセレブ御用達のキッズパーティープランナーも存在します。すばらしいアイデアと技量を持ったプランナーはわざわざご指名がくるほど、ひとつの職業として確立しています。

日本でもSNSからキッズパーティー人気に火が付き、実に多彩なパーティーの写真がシェアされています。それに伴ってキッズパーティーのプランニングが重要視されるようになり、プランナーというお仕事についても興味を持つ方が増えています。
お子様が主役のパーティーをすばらしいものにしたいと願う気持ちをお手伝いし、親子で一緒に特別な時間を過ごしてもらえるよう尽力するのがキッズパーティープランナーです。

キッズパーティープランナーのサービス内容

キッズパーティープランナーの仕事は、簡単に言えば依頼者が望むキッズパーティーをできる限り実現させるためのお手伝いをすることです。具体的には、下記のことを行っていきます。

パーティーと一言でいっても、どのようなイメージのパーティーか、どんなテーマのパーティーかは実に様々です。
依頼者が「こういう感じにしたいなぁ」と漠然と想像しているものを明確なイメージに起こし、より素敵なパーティーを作り上げていくために、依頼者と相談しながらキッズパーティーを成功させるためのバックアップを行います。

 

こんなシーンに活躍します

キッズパーティープランナーは、子供のために特別なパーティーを開きたいという方を応援し、その気持ちを尊重しお手伝いするのが仕事です。
子供のためにパーティーを開く理由に決まりはありません。お誕生日会だけでなくイースターや桃の節句、子供の日、七夕、七五三、ハロウィン、クリスマスなどの季節のイベントや、入園・入学、卒園・卒業のお祝いなど、色々なお祝いごとに「子供が主役のパーティーを開いてあげたい。でもどうやったらいいかわからない」という方はぜひキッズパーティープランナーにご相談ください。
お子さんに喜んでいただき、クライアントの要望をできる限り実現させるために精一杯努力します。

 

どうやったらプランナーになれるの?

キッズパーティーを企画、実行するためのプランナーになるためにはどうすればいいのでしょうか。プランナーになるためには年齢性別は関係ありません。
子供が喜び感動するパーティーを作り出したいという気持ちがあることが一番大切です。ただし、気持ちだけではプランナーになることはできません。
その気持ちを形にするために必要なスキルや資格などをご紹介します。

 

プランナーに向いているのはこんな人

コミュニケーション能力が高い

キッズパーティーを行うためには、招待状などのデザイン、音楽、企画内容、子供の相手など、あらゆることを手掛ける必要があります。そのため、キッズパーティーに関するアイデアを生み出すための想像力や発想力、依頼者の気持ちを汲んで実現させるための企画力や実行力、クライアントとコミュニケーションを取るための能力が求められます。

子供の気持ちを考えることができる

キッズパーティーの主役は子供です。その子供が楽しめないパーティーはキッズパーティーではありません。
子供がどんなことに喜び、驚き、感動してくれるのかを企画し準備する段階からしっかりと考え、当日思い出に残る1日になれるよう一生懸命努力できるかどうかがキッズパーティープランナーとしての大事な素質です。

臨機応変スキルがある

子供が集まるキッズパーティーはどんなことが起こるか当日までわからない部分もあります。時には進行が思い通りに行かないトラブルが起こることもあるため、何か起こった際はその場ですぐに判断し、臨機応変にトラブルに対処する能力も必要となります。

スキルを磨き、勉強を続けられる人

「子供に喜んでもらえる仕事がしたい」「子供の相手をするのが好き」という、主役である子供を喜ばせたいという気持ちが強いことが一番大切ですが、子供はどんなものに興味を持つかわかりません。
流行りが好きな子供もいれば、流行りに関係なくこだわりの趣味がある子供もいます。常に感性のアンテナを張り巡らせ、あらゆることに興味を持ち、その知識を深めようとする貪欲さを持つ人はプランナー向きです。

さらに子供を心理を学んだり、クライアントへ提案するための様々なマナーやデザイン、流行りものや新しい技術といったイベント企画に欠かせない勉強を自分の意志で継続して行っていくことができる方は、需要の高い、より良いプランナーであり続けることができるでしょう。

 

キッズパーティープランナーにあると良い資格

キッズパーティープランナーになるためには特に資格は必要ありません。しかし、子供が何を求め、どんなことに喜び感動するかは知識や経験が欠かせません。足りない経験を補うためには以下のような資格を持っているか、または資格のための勉強をしているかは大きな差となります。

一回限り、一発勝負のパーティーを成功させるためにも、子供や芸に関する資格は大きな足掛かりとなります。資格を取るまではいかなくとも、資格取得用のテキストを読み学ぶことでキッズパーティープランナーとして大きな一歩を踏み出すことにつながります。

アニバーサリープランナー

様々な記念日やパーティーをオリジナリティ溢れる演出でゲストをもてなす演出家の資格です。特別な日のパーティーを作り出すための基本ノウハウを学ぶことができます。

保育士やチャイルドマインダー

子供を保育し、健やかな成長を補佐するために必要な専門知識を学ぶことができる資格です。子供の気持ちを理解し、寄り添うためにも子供に関する知識は必須です。子供が主役であるキッズパーティーでは、主役やゲストの気持ちを盛り上げるために学んだことが役に立つでしょう。

幼稚園教諭普通免許

幼稚園の先生としてお仕事するための資格です。幼稚園の先生は保育園とは異なり、子供を導く教育者としての面もあります。
この幼稚園教諭免許を取得できるくらい、子供の気持ちに全力で向き合うことができる方は、キッズパーティープランナーとしてもすばらしい実績を残すことができるでしょう。子供向けの装飾技術を学ぶこともできます。

チャイルドコーチングアドバイザー

心理学を応用し、子供が持つ潜在的な能力を引き出し、自発的な行動力を育てるためのカウンセリング技術を学ぶ資格です。

カラーコーディネーター

色が与える影響やその効果を学ぶ資格です。人の気持ちは視覚から入ってくる色にとても左右されるものです。子供が楽しんで過ごせるよう、料理やデザートがおいしく見えるよう、テーマに合った色で装飾を作り、色を使ってパーティーを盛り上げることができます。

食空間コーディネーター

所謂テーブルコーディネートを学ぶ資格です。いかに料理やデザートがおいしそうに見えるか、どう配置すればセンスよく飾り付けることができるのかを知っているだけで、パーティーそのもののクオリティを底上げすることができます。

バルーンプロ

様々なバルーンを使ってパーティー会場を装飾するバルーンアートの資格です。パフォーマンスとしてのバルーンパフォーマーもおりますが、プランナー自身もバルーン作品を作れるだけでパーティープランナーとしての幅がぐんと広がります。

 

 

お問い合わせ

TEL:03-6327-5631(11時~18時受付)
Email:customer@egmt-party.com
ホームページからはお問い合わせページからご連絡ください。

※打ち合わせやパーティー中は、すぐに電話に出られない場合もありますので、留守番電話に伝言をお願いします。

キッズパーティープランナーとは

『キッズパーティープランナー』

最近、『キッズパーティープランナー』という言葉を見聞きすることが増えてきました。

それぞれ、プランナーさんによって役割が違うようなので、当方のキッズパーティープランナーについてお伝えさせて頂きます☆

キッズパーティープランナーというのは、子どもが主役のパーティーで円滑に進行していくために、とても重要な役割をもっています。

自由気ままで、素直な子供だからこそ、子どもの心に響かなければ、せっかくママやパパが開いたお誕生日会が、残念な結果となってしまうこともあります。

キッズパーティープランナーは、イメージとしては・・・
ウェディングプランナー
に近いかもしれません。

子どもに特化した、ママ&パパ専属のコンシェルジュサービスだと想像してください。

大切なことは

  • お客様との打合せ
  • パーティーに必要な内容を準備・手配

だけではなく

  • 子どもとのコミュニケーション能力

です。

大人のパーティーのように、時間配分を決めて、内容を決めて、MCに合わせて円滑に進行していくことは、ほとんどできません。

事前にパーティープランを構成しても、子ども達の人数や年齢、状況、環境など総合的に瞬時に判断して、子ども達が楽しめるパーティーを作り上げていくことが本当に必要になってきます。

最近、キッズパーティープランナーになりたいという方が少しずつ増えてきて
嬉しい気持ちでいっぱいですが、キッズパーティーには、常に

  • 即判断
  • 柔軟な対応

が必要です。

私がプランニングしているキッズパーティーでも、事前にお客様と打合せをしつつ、当日判断をさせて頂けるよう、ご理解、ご協力をいただいています。

もっともっとキッズパーティーが増えることで、家族が繋がる1日として新しい文化になればと思っていますので、キッズパーティープランナーを目指されている方は、
子どもの気持ち・子どもとのコミュニケーション方法なども
一緒に勉強されると良いかなと思います

子どものお誕生日会やキッズパーティーが、もっともっと増えて、
子どもが大人になっても、家族が集まる・将来を見据えた1日が増えることを
心から願っております。