子供の誕生日パーティーで盛り上がるゲームのご紹介

今日はホームページでご紹介している、パーティーゲームプランのご紹介します!

こちらのプランは・・・
<遊び>
オリジナル福笑い、ボール運びゲーム、お土産探し用カードゲーム(宝探し)、バルーン教室

さらに・・・
<飾り>
ちょっとした飾り付け込み!!(バースデーバナーなど)
を元に、スタッフがお伺いし、約60分程お子様と一緒に過ごします☆
キッズパーティーの中で、子供たちが自由に遊びまわる時間<フリータイム>というのが、少なからず必要です。
「子どもたちが好きなように過ごしてほしい」と思いつつ「一つくらいはなにか遊びを用意してあげようかな」
そんな気持ちに答えるプランになっております。

パーティーゲーム

ゲーム紹介

  • オリジナル福笑い

    バースデーケーキの形をした下地に、子供たちに目隠しをしながら、好きなように飾り付けて頂きます。
    お菓子類だけでなく、車や動物たちもいるので、どこになにを置くか、子供たちが話し合ったり、自由において行ったり、と遊び方もフリーです(≡^∇^≡)

  • ボールスプーン遊び

    卵競争のイメージで、とっても簡単なゲーム♪
    落としても大丈夫なように、プラスチック製のボールで、子供たちに遊んで頂きます。
    ※出張パーティーゲーム と レンタルパーティーゲームで ボールの種類が異なります。

  • お土産探し

    宝探しゲームのイメージで、子供たちが一番真剣に取り組むゲームでした♪
    最後には、主役のお子様または親御様からパーティーゲストに向けたお土産を渡せるようにゲームの中で子供たちがお題を見つけ、探していきます。

  • バルーン教室

    お子様の年齢や人数によって、『子どもたち自身が作る』または『作ったバルーンをプレゼント』どちらかを行います。

パーティグッズ
●パーティーグッズ・・・最近ネットショップや小売店等、どこにでも売っているパーティーグッズです。

こちらのプランにホームページではご紹介しきれておりませんが、ポップコーンや綿菓子等を組み合わせると、よりパーティーが盛り上がります。

egmtではゲームの企画だけでなく、それらゲームのレンタルも行っております。もちろんそれらのプランの進行もできますので、お気軽にご相談くださいо(ж>▽<)y ☆

ここまではパーティーゲームプランで行うゲームを紹介してきましたが、紹介したもの以外にも子供たちが喜ぶゲームはたくさんあります。事前の準備が必要なものからその場で簡単に始められるものまで、その種類はまさに多種多様!
人数や年齢、予算に合わせたゲームをいくつか用意するだけで、より特別感のあるパーティーになること間違いなしです。
そこでここからは、子供たちが集まるパーティーにオススメのゲームを、少ない準備でできるものと、事前準備が必要なものと分けてご紹介します。

とにかく簡単!少ない準備でできる定番ゲーム

勝ち抜きじゃんけんゲーム(一人対大勢)

勝ち抜きじゃんけんゲーム(一人対大勢)

定番のじゃんけんも、みんなで同時にやれば白熱必至のバトルゲームに。
はじめにみんなと戦う対戦相手役を決め、対戦相手役は前に出て大きな声でじゃんけんの合図を出します。そこで勝った人は勝ち抜けとなり、負けた人はその場に座るか、部屋の隅に移動するなどして抜けていきます。最終的に一人になるまでじゃんけんを続け、最後まで勝ち残った人が優勝です。
子供が対戦相手役をする場合は最後に勝ち残った一人と一対一の勝負をするようにして、対戦相手役の人にも優勝のチャンスをあげると不公平感がなくていいでしょう。優勝者への景品を用意しておけばさらに盛り上がります。

勝ち抜きじゃんけんゲーム(全員対全員)

勝ち抜きじゃんけんゲーム(全員対全員)

上記の勝ち抜きじゃんけんゲームを、ランダムの総当たり戦にしたゲームです。
まず全員にリボンやゴムなどの目印となるものを配り、スタートの合図とともに近くにいる人とじゃんけんを始めます。負けた人はその場から抜け、勝った人は目印を持つ人を探してじゃんけんを続けます。最後まで勝ち残り、すべての目印を手に入れた人が優勝となります。
優勝賞品を別途用意しておくのが定番ですが、最初に配る目印を小さなお菓子などにして、優勝者の総取りにしても面白いですね。ただしその場合、勝ち進むごとに手に持つお菓子の量が増えるので、それをまとめてあげるためのカゴなどの用意が必要になります。

じゃんけん列車

通常の勝ち抜きじゃんけんゲームでは、負けてゲームから抜けた人が退屈してしまうことも。そんなときは、負けた人も最後まで一緒に遊べるじゃんけん列車はいかがでしょうか。
近くにいる人とじゃんけんした後は、負けた人が勝った人の後ろについて列車を作るだけ。全員が一本の列車になるまで続けて、最後まで先頭に立っていた人が優勝です。
小さい子供にもわかりやすい上に短時間で終わるので、最後まで飽きることなく遊ぶことができます。

ジェスチャーゲーム

参加者が小学生以上なら、単純ながらも頭を使うジェスチャーゲームがおすすめ。
お題を出す人がスケッチブックなどにお題を書き、それを見た人がジェスチャーだけでそれを表現します。解答者はお題が見えない位置に座り、ジェスチャー係が何を表現しているかを解答します。
一見シンプルなゲームですが、お題が難しくなればなるほどジェスチャー係の力量が試される上、見ている人達も一緒になって楽しむことができます。
チーム分けや制限時間制を取り入れて、時間内により多くの正解を出せたチームを優勝とすればさらに盛り上がりそうですね。

かくれんぼ

かくれんぼ

未就学児など小さい子供の場合は、わかりやすくシンプルなゲームが一番盛り上がります。特に子供たちにおなじみのかくれんぼはルール説明の必要もなく、準備なしですぐに始められるのが最大の魅力です。
開催場所が自宅など、隠れる場所が多ければ多いほどかくれんぼには最適。
ただし入ってはいけない場所をあらかじめ指定しておくなど、事前にある程度ルールを決めておく必要があります。

ドレミの歌ゲーム

このゲームはドレミの歌を知っていれば誰でもできる遊びなので、小学生のお子さんでも簡単に参加することができます。
やり方は以下の通りです。

  1. 1. 参加する子供たちに横一列に並んでもらいます
  2. 2. 一番端にいる子を一人目とし、その子が「ドーはドーナツーのドー」と最初の部分を歌います
  3. 3. 次に1人目の子が「ドレミファソラシ」の中から好きな音階を指定して次の子に順番を回します
  4. 4. 次の順番の子は指定された音階の歌詞とリズムで歌います(例えば一人目の子がファを指定したなら次の子は「ファーはファイトのファー」と歌はなければいけません)
  5. 5. 指定された音階やリズムを間違えて歌ってしまった子から列を抜けていき、最後に残った子が優勝です

文章だけではやり方がよくわからなかった方は以下の動画も参考にしてみてくださいね。

ドレミの歌を歌うだけなので一見簡単そうに見えますが、実際にやってみると意外と難しく、大人がやっても楽しめる遊びなのでお子さんだけでなく保護者の方を入れて参加者みんなでできる誕生日会ゲームとしてもおすすめです。

スリッパリレーゲーム

このゲームはスリッパを一足のスリッパを片足だけを使い次の子の足にスリッパを渡し、他の最後の子までスリッパを渡すまでの早さを競うゲームです。
ゲームは以下の手順で進めます。

  1. 1. 参加する子はいくつかのチームに分かれて、一列に並びます。
  2. 2. 先頭の子は片足にスリッパをはいてスタートを待ちます。
  3. 3. スタートの合図で先頭の子から片足でスリッパをリレーしていきます。
  4. 4. 一番早く最後の子までスリッパを渡せたチームの優勝です。

屋内でも体を使ってできるゲームですし、チームで協力して行うため盛り上がること間違いないでしょう。
ただしバランスを崩して倒れてしまう危険もあるため、このゲームは床が柔らかい屋内で周りに固い物がない場所で行ってください。

詳しいゲームの進め方は以下の動画を参考にしてください。

タオル片足相撲

スリッパリレーと同じく屋内で体を使ってできるゲームです。このゲームはスリッパリレーと違って1対1でできるため、少人数でのパーティーにもおすすめです。
やり方はとても簡単です。

  1. 1. まず2本のタオルの端をお互いが両手で持ち正面に向き合います。
  2. 2. 片足立ちになりスタートの合図でロープを引っ張り合います
  3. 3. 両足をついた方が負けです

1対1で行うゲームですが、トーナメント制やチームでの勝ち抜き戦にするなど色々な工夫もできますね。スリッパゲームに比べて少ないスペース、少人数でできるので、小規模の誕生日会にもピッタリですね。準備するものもタオル2本だけなので、手軽にできるのも特徴です。

このゲームもバランスを崩して倒れてしまう危険もあるため、床が柔らかい屋内で周りに固い物がない場所で行ってください。

事前準備でさらに盛り上がる!バリエーション豊かなゲーム

箱の中身当てゲーム

バラエティ番組などでもおなじみの、箱の中身を手で触ってそれが何かを当てるゲームです。
ダンボール箱などの左右に手を入れるための穴を空け、正面からは中身が見えるようにしておけば準備は完了。手を入れている本人がドキドキ感を楽しめるのはもちろん、周りもヒントを出したりリアクションをするなどして大盛り上がり間違いなしです。より早く中身を当てられた人を優勝とするなど、順位づけも盛り上がるポイントに。
箱に入れるものはデコボコしたものやフワフワしたものなど、感触の違いを楽しめるものを選ぶのがおすすめです。

ボール入れゲーム

大小さまざまな大きさの穴を空けたパネルを用意し、それに向かってボールを投げ入れるゲームです。穴の大きさに応じて点数を加算し、よりたくさんの点数を稼げた人が優勝者に。
決められた点数に到達した場合にはお菓子をあげるなど、条件づけで遊ぶのも楽しいですね。シンプルながらもついつい何度も挑戦したくなるゲームです。
ちなみに穴には袋を取り付けておけば、ボールの回収がグッと簡単になるのでおすすめです。

お菓子でロシアンルーレット

お菓子でロシアンルーレット

ミニシューなどの小さなお菓子を用意し、その中に「ハズレ」を混ぜてみんなで食べるゲームです。ハズレを食べた人があたかも当たりを食べたかのように振る舞い、みんなでハズレの人を当て合うのもおすすめ。
ただしわさびやタバスコといった刺激物はトラブルの原因になりかねないため、ハズレは味をまずくしたり明らかに違う味のものを入れたりと、「生クリーム以外の味に変える」程度に留めておくといいでしょう。

風船割りゲーム

風船割りゲーム

膨らませた風船を全員の足首につけ、自分の風船を守りながら周囲の人の風船を割り合うゲームです。追いかけっこの要素もあるので、パーティールームなど広めの会場では特に盛り上がります。
ただし風船を踏んで割るゲームのため、未就学児など転倒のおそれがある小さな子供は避けた方がいいでしょう。

ビンゴゲーム

パーティーゲームの大定番ともいえるビンゴも、マスの数を減らしたり、数字のかわりにイラストにしたりと、子供の年齢に合わせてやり方を変えてあげることで小さな子供でも十分に楽しむことができます。
市販のビンゴマシンがない場合でも、箱と紙を用意して簡単なくじ引きスタイルにすれば予算がグッと抑えられます。また、参加者が少人数の場合は全員に景品が行き渡るようにしてもいいですね。

ピニャータ

ピニャータ

中南米生まれの「Pinata(ピニャータ)」は、おもちゃやお菓子を詰めたくす玉を吊るし、それを棒で叩いて割る遊びです。目隠しをしてスイカ割りのように楽しんだり、日本のくす玉のようにみんなでヒモを引いて割る遊びにしたりと、一言にピニャータといってもさまざまな楽しみ方が可能です。
床に散らばったお菓子やおもちゃを拾い集めるのは、子供たちはもちろん動画や写真を撮影する大人たちにとっても大盛り上がりの瞬間に。
ピニャータ用のくす玉はインターネットで2,000~4,000円程度で購入できますが、小麦粉や風船、新聞紙などを用意すれば自作も可能です。

ゲーム以外にも参加者全員にフェイスペイントを施したり、おそろいの仮装グッズを配るなどちょっとした工夫を取り入れれば、楽しさ倍増はもちろん写真映えもバッチリ!ペイント用品や仮装グッズは100円ショップなどで気軽に手に入るので、初めてでも簡単に取り入れることができます。

パーティーを盛り上げるゲームなどのレクリエーションタイムは、楽しいひとときを演出してくれるだけでなく、子供たちの大切な思い出づくりにも大いに役立ちます。
子供たちの人数や年齢に配慮しながら、より楽しめるゲームを考えてあげたいですね。

宝探しゲーム

「宝探しゲーム」とは部屋の中や公園などに隠されたプレゼントをみんなで探すゲームです。
もはや誕生日会やパーティーの定番となっているゲームですが、ちょっとした工夫を加えることでさらに盛り上がるゲームに。

ヒントを頼りに宝探し

部屋の中に隠されたプレゼントを探すだけでも十分盛り上がりますが、子供たちにヒントを渡しそこに書かれたクイズや謎を解くことで、宝の隠し場所に誘導してみるのも良いと思います。

流行りのリアル脱出ゲームのように謎解きの要素を加えることで、よりゲームの世界に入り込んで盛り上がってくれること間違いなしです。

チーム戦で宝探し

大人数で宝探しゲームを行う場合、宝を多く見つけられた子、全く見つけられなかった子など結果に差が出てしまうこともあります。
せっかくの楽しい誕生日会やパーティーで悲しい思いをする子がいなくなるようにチーム戦で行う宝さがしも良いのではないでしょうか。
子供たちをいくつかのチームに分け、制限時間内にチーム全体でどれだけ多くの宝を見つけられたかを競います。
多く見つけられたチームから順位を決め、成績の良かったチームからもらえるお菓子を選べるようにするなどのルールであれば、優劣をつけることなくみんな楽しむことができますね。
見つけた宝の個数ではなく、宝にポイントを設定して、ポイント制にしてみるのも盛り上がりそうです。

お絵描きゲーム

ただみんなでお絵描きをするだけでも十分楽しめますが、ちょっとしたゲーム形式にすることで誕生日会をさらに盛り上げることができるんです。

紙とペンさえあれば手軽に始めることができるので、少人数のお誕生日会にもぴったりですよ。

お絵描きしりとりゲーム

定番ゲームとしりとりとお絵描きを合わせたゲームです。
ホワイトボードや黒板に絵を描き、前の人が描いた絵が何なのか予想し、しりとり形式で絵を繋げていきます。

ゲームに勝敗はありませんが、ゲームが終わった後にちゃんとしりとりになっていたのか答え合わせをすれば盛り上がりますよ。
ホワイトボードや黒板がなくても大きな紙やノートがあればゲームができるので、少人数のお誕生日会にもぴったりのゲームです。

お絵描き伝言ゲーム

お題を決めてそのお題に沿った絵を順番に描いていきます(動物、食べ物など) 最後に答え合わせして、お題通りに絵が描けていれば1ポイントなどポイント制にしたり、制限時間ににどれだけ描けたかなどで競い合っても盛り上がります。

その他の子供が喜ぶキッズパーティープラン

  • スペシャルプラン
  • カジュアルプラン
  • レンタルプラン

まずはお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ・無料相談パーティーのお申し込み

トップに戻る
お問い合わせ・無料相談
パーティーのお申し込み
企業ファミリーデー